画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスで痛風の症状を改善

私たちの生活習慣の変化は、たくさんの病気を生み出すきっかけにもなってしまっています。
日常生活の積み重ねで起きてしまう病気のため、改善はなかなか難しく、強い意志や生活の変化が必要な場合もあります。
中でも成人の男性に多いのが、痛風です。
痛風と聞くとよく、贅沢病だといわれる人も多いですが、そんな痛風とはどんな病気なのでしょうか。

痛風とは、プリン体を含む食べ物を摂取し、肝臓で分解されるときに生まれる尿酸が血中にたまり結晶化することで生まれる病気です。
尿酸は、血中や関節内などに多くたまり、白血球を攻撃していきます。
その時に生じる痛みが、痛風です。
また痛風を発症した人のうち4割から7割の人が、脂質異常症も発生しており、中性脂肪や内臓脂肪型肥満が原因として発症するのも特徴の一つです。

そして痛風の場合、血液中の尿酸値のある一定値を超えたときに、急に足になどに激痛を感じるのが特徴です。
それまではほとんどといってもいいほど自覚症状がありません。
足のつま先、指の関節や付け根、足首、手首、股関節など、いろんな関節に痛みを感じるようになります。
あまりの激痛に数日間歩けなかったり、歩くたびに激痛が走って苦痛に感じる人が多いです。
そうなってからの治療になると、食生活の制限や禁酒などの改善が必要になります。
また、多くのストレスを感じることも痛風の原因といわれいます。

まずは痛風の痛みを改善することが日常生活を送るためには必要です。
そのためには日常生活の変えなくてはいけませんが、思うようにすぐ改善ができない人には、健康食品がお薦めです。
中でも注目の健康食品が、プロポリスです。

プロポリスはミツバチが植物がら採取する抗菌物質にミツバチの分泌物を混ぜで作られたものです。
プロポリスには、抗菌作用、抗酸化作用、抗腫瘍活性などの効果があります。
中でも抗炎症作用が痛風の関節の炎症にとても効果的だといわれていますので、痛風の一番の痛みを緩和することができます。
それと同時に、精神安定しょうもあるので、強いストレスからおこる痛風にはとても効果的です。

痛風の症状が数日間つづき、一時的に収まるものの一年間を通じて同じような症状が何度も起こります。
それがいつ発症するかわからないという不安も身にまといます。
そんな痛み対策のためにもプロポリスがお薦めです。