画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスで自律神経失調症を改善

身体の変化は自分では気付かないほど敏感なもので、体調がおかしいなと気付いた時には症状がひどい場合が多いです。
そんな病気の一つに、自立神経失調症があげられます。
自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた際に起こる病気です。
さらに自律神経失調症には、生まれつきの本態性型、自分の精神や身体に敏感な神経症型、ストレスが慢性的にたまった抑うつ型などがあります。
最も多いのが身体の疲れで、普段のストレスを無理して抑えようとしたり、感情の起伏などで発症する心身症型の自律神経失調症です。
どの種類の自律神経失調症だとしても、交感神経と副交感神経のどちらかが偏って機能しすぎてしまうと起きてしまいます。

自律神経失調症の症状は、人によって様々です。
神経とかかわりのあるところすべてに関係するので、体のあらゆるところで影響を受けてしまいます。
頭痛、涙目、耳鳴り、口の渇きや動悸やめまい全身ののぼせ、血圧の変動、吐き気、息切れ、大量の発汗、倦怠感など様々です。
身体の一部から心臓系、消化器系、呼吸器系、皮膚、ひん尿系、生殖器系など全身に及ぶ症状が現れます。

人によってでてくる症状に違いはありますが、最も多いのは、倦怠感、疲労感です。
常に身体が重く、何もやる気になれず身体に力が入らない状態になり、すぐに疲れてしまうため起き上がれない状態になることもあります。
また精神的にも負担が多く、怒りやすいかと思いきや悲しくなったり、ネガティブ志向が強まり無気力になってしまう人も多いです。

これらの症状が発生してしまう自律神経失調症の多くの原因としては、不規則な生活などによる身体への負担や精神的なストレスがあげられます。
自律神経失調症を改善するためには、本来ならば、生活習慣の改善や日常生活でストレスを受けすぎないことが大事です。
しかし、仕事をしている場合でも家にいる場合でも、自分を取り巻く環境はすぐに帰ることは難しいです。

まずは、自律神経失調症の症状を緩和させることが、第一優先です。
そのために病院では、いろんな症状に合わせて、薬を処方します。
血圧を安定させる薬や、抗うつ剤、頭痛薬などですが、症状の緩和だけでは、なかなか改善にはつながりません。

そんな人にお薦めなのがプロポリスです。
プロポリスには、天然の抗菌物質が含まれています。
この抗菌物質によって、抗酸化作用が働きストレスの緩和や神経のバランスを整えてくれる働きがあります。
特に自律神経失調症の場合、多くの人がストレスを抱え込んでしまいうまく発散できない人が多いです。
プロポリスの成分により、ストレスが解消されることで、症状も同時に落ち着いてきます。
同時に一番の原因である神経のバランスも整えてくれる働きがあるので、根本的な部分の治療に効果があります。

さらにはプロポリスには、強い免疫力があります。
この免疫力の働きにより、弱った身体にさらなる症状が重ならないよう、免疫力を高めてくれます。
このようにプロポリスは、自律神経失調症の症状緩和だけでなく、根本的な原因となる部分にも働きかける力があるので、自律神経失調症の予防として使用する人もいます。