画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスで糖尿病を予防しよう

今健康志向が強まり、多くの健康補助食品が販売されています。
科学の進化により、食物ではなかなか摂取できない栄養素も結構食品として摂取できるようになっていますので、自分の身体に足りない栄養素を効果的に摂取することができます。

現在の三大死因は、がん、心疾患、脳血管疾患といわれており、どれもが日常の生活習慣から起こりえる病気となっています。
過去と比べても日常生活において、食生活、生活リズムが大きく変化しました。
食生活は和食から洋食へと変わり、生活リズムも不規則な仕事や夜間営業のお店も多いため生活リズムが狂いやすくなっています。
また職場や人間関係などからストレスも抱えやすくなっています。
これらは日常生活でどうしても起きてしまうことなのかもしれませんが、慢性化して当たり前の日常生活になってしまうと恐ろしい病におかされてしまいます。

死亡とは直接かかわらない病気でも、今多くの人がかかりやすい病の一つに糖尿病があげられます。
糖尿病とは、血糖値やヘモグロビンの値がいっての基準より大幅に多くなっている状態を指します。
まず、ブドウ糖を過剰摂取してしまうことで、血中の糖分が増加してしまうのが一番の原因にあげられます。
通常のブドウ糖であれば、膵臓から作られるインスリンによって分解されるため問題はありません。
しかし、ブドウ糖の量が増えるとインスリンの分泌量が追いつかなくなり、膵臓のへの負担が大きくなります。
分解しきれない糖分が、尿と一緒に排出されるために、糖尿病という名になっています。

治療せずに放置した状態になると、膵臓の機能が落ちてしまい、合併症を引き起こしやすくなります。
そのためインスリン注射をすることで、血糖値を抑える必要が出てきてしまいます。
糖尿病は生活習慣を大きく変えなくてはいけなく、重症化した場合インスリン注射がかかせない日々になってしまいます。

日常生活に大きな支障をきたす糖尿病にならないためにも、効果的に予防できるのがプロポリスの摂取です。
プロポリスには、ミツバチが植物から採取した天然の抗菌物質が含まれています。
プロポリスが糖尿病に効果がある一番の理由は、血糖降下作用がるということです。
それと同時に、プロポリスに含まれる抗菌作用が身体の免疫力をあげ、臓器を守るビタミンBや必須アミノ酸の働きにより膵臓の機能を高めていきます。
血糖値を下げつつ、膵臓の効果を高めることでインスリンの分泌力も高めるこ戸ができるので、糖尿病に効果があるといえます。

糖尿病の場合、身体の異変を感じたときにはすでに重症化しているケースがほとんどです。
なので、そうならないためには、未然に防ぐようにしなければいけません。
日常生活の環境を改善し、食生活や運動不足を解消するなどしながらプロポリスで予防するのが一番ベストな方法だといえます。
またプロポリスには育毛効果があり、プロポリスを配合した育毛シャンプーも出ています。