画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

口臭予防として活用

年齢を重ねていくと口臭は増えてくると言いますが、自分の臭いにはなかなか気づきにくいもの。
実際に、殆どの人は自分のクチの臭いを気にすることはないですよね。
もちろん、それは当然のこと。
自分で自分の口臭を確認することは非常に難しいものです。

なぜ口臭は発生するのか

口臭は自分で確認することができないからといって、年齢を重ねるごとに強くなる傾向がある口臭を放置しておく訳にはいきませんよね。
クチの臭いの原因としては、こんなものが挙げられます。

・ドライマウス
唾液には口の中を潤すだけでなく、食べたカスを洗い流すという役割があります。
その為、唾液が少ないとゴミが蓄積されていくばかりです。
そうなると口の中で最近が分解されて、口臭の原因となってしまいます。

・舌苔
舌苔とは舌の上に食べかすが張り付いて、白っぽい苔状のものが増えること。
これが口臭の原因になってしまうこともあります。

・歯周病
一番の口臭の原因と言われているのが、歯周病です。
歯と歯茎の間にゴミが溜まって、これに含まれる細菌が原因となって、歯茎が腫れてしまう病気です。
細菌が歯茎を腫れさせてしまい、歯が抜けてしまうこともあります。

いずれにしても、細菌が原因になってしまうことが殆どです。
細菌からはメチルメルカブタンというガスが発生されており、これが非常に強い匂いを発するのです。
ドライマウスや舌苔からもメチルメルカブタンは発生しますが、歯周病の方が圧倒的に強い匂いを発します。

だからこそ、プロポリスの力を借りて、細菌をやっつけることが大切。
プロポリスには強力な殺菌・消毒作用がありますからね。

歯磨きの方法

口臭を防ぐ方法として、もっとも意識したいのが〔歯磨き〕です。
しっかりと歯ブラシをすることで、口臭は予防することができます。

もちろん、漫然と磨くだけでは意味がありません。
ポイントは歯周病の予防を意識すること。

磨き方としては、歯ブラシに力を入れ過ぎないのがポイントです。
ブラシの側面ではなく、毛先で磨くようにしましょう。
また、歯を磨いている音が大きくなりすぎると〔力を入れ過ぎ〕の証拠。
ホウキさササッと掃くくらいの力の入れ方でOKです。

もちろん、歯磨き粉もしっかりと選ぶようにしましょう。
例えば、プロポリスの様な自然はの歯磨き粉を使うこと。
市販品の多くには、合成香料や合成界面活性剤が使用されています。
これらは磨きのこしがあっても、クチの中をサッパリさせてしまうので、逆に歯周病を誘発してしまう原因にもなりかねません。
天然素材の歯磨き粉なら、しっかりと時間をかけて、丁寧に隅々まで磨くことができます。
正しい歯磨き粉を選んで口臭を予防しましょう。