画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

歯周病予防として活用

プロポリスは歯周病の予防にも活用できるサプリメントです。
癌(がん)への効果や不妊対策、自律神経失調症対策などなどの健康全般への効果が注目されている健康食品ですが、実はクチの中の健康も守ることができます。
具体的には、虫歯や口内炎などにも有効ですし、歯周病や歯槽膿漏などの予防にも働きかけます。
さらに、口臭をカットすることができるというのもメリットです。

そもそも歯周病とは、歯茎と歯の間に食べ物のカスやゴミが入り込んでしまうことで、そこに細菌が発生してしまう病気のこと。
細菌が様々な悪影響をもたらしてしまうのです。
そんな悪影響の一つとして挙げられるのが、口臭です。
細菌は硫黄にも似た匂いのするガスを発生させてしまい、これが口臭となります。

しばしば口臭は〔胃からくるもの〕と思われがちですが、実はクチの臭いの殆どは歯周病が原因だと言われています。
その他にも舌の汚れなどが原因となるケースもありますが、割合としては圧倒的に少ないです。
クチの臭いが気になる人は、まずは歯周病のケアから始めましょう。
そして、そこで役立ってくれるのがプロポリスです。

プロポリスには強力な殺菌・消毒の働きがあります。
これによって歯茎の細菌もやっつけることができます。
お奨めはプロポリス配合の歯磨きを使うこと!
ダイレクトに改善をはかることができるでしょう。

さらに、そこにサプリメントも組み合わせてみてください。
そうすることで相乗効果が生まれ、さらに効率よく改善・予防することができる様になります。

ちなみに、歯周病や歯槽膿漏は日本人の成人の8割が罹っていると言われている病気です。
初期段階では、なかなか自覚症状がない為、放置しがちになってしまうという特徴があり、それ故に気が付かないうちに発症していることが多くあります。
そして、気がついたら悪化している状態になっているのです。
口臭が発生してしまうのも、症状が深刻化しやすい40代以降の方に多い様です。
初期症状のうちに改善するのが理想的ですから、気になる方は早めに対策を講じるようにしましょう。

虫歯・口内炎など

プロポリス配合の歯磨きは虫歯や口内炎などにも効果があると言われています。
しっかりと歯を磨いて、これらの口内トラブルも改善していきましょう。

ちなみに、歯を磨く方法も重要です。
ゴリゴリと歯を傷つけるような磨き方をしている人は要注意ですよ!
ポイントはブラシの先端で歯と歯の間や歯茎などを優しくサッサッと掃くように磨くこと。
これができれば、さらに効率よく口内環境を整えることができるでしょう。