画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

癌に効く理由

プロポリスには免疫機能を向上させる働きや肌を若々しくキレイにする働きがあります。
それに加えて、強力な〔抗酸化作用〕も期待されています。
そんな多岐にわたる働きがある為に、人間に活用されてきた歴史も古く、古代ローマの時代から愛用されてきたという歴史を持っています。

そして、最近ではさらに〔癌(がん)〕に対しての効果があるということで注目を集めているのです。

癌の情報を整理

癌は言わずもがな、私たち日本人の死因の1である非常に恐ろしい病気。
初期であれば改善することもできますが、深刻化すると手が付けられないこともあります。
だからこそ、早めに対策を講じることが重要だと言われています。
〔早期発見が大切〕というのは今では一般常識ですね。

また、ガンは生活習慣病の一つに数えられることもあります。
つまり、生活のリズムが乱れることによって生じる病気と考えられているのです。
運動不足や食事の偏りなどをはじめ、アルコールの過剰摂取や喫煙(タバコ)なども発がん率を高めてしまう原因として知られていますね。

治療の方法としては〔抗がん剤〕が使用されます。
抗がん剤は癌細胞を攻撃するという効果を持っているのですが、副作用として、通常の細胞まで一緒に攻撃してしまという欠点を持っています。
つまり、免疫力も一緒に低下してしまうのです。
免疫力だけでなく、身体の機能が大幅に低下してしまうケースもあります。

また、抗がん剤を使用しても、癌細胞は直ぐに進化してしまい、同じものが効かなくなるというデメリットもあります。
その為、抗がん剤は〔がん治療の理想的な手法〕という事はできないでしょう。

そこで新たな手段として、プロポリスを活用した治療が注目されています。
桂皮酸誘導体であるアルテピリンCなどの成分は、抗がん剤とは違い、通常の細胞は攻撃せずに癌細胞だけを攻撃するという特徴を持っているのです。
また、アルテピリンCの他にも、カフェイン酸フェネチル・エステルなどの抗癌作用を持つ物質も配合されています。
がん細胞がDNAをコピーする前に増殖を抑制する働きを持つ〔クリシン〕という成分も含有。
様々な角度から、予防と改善を応援してくれます。
その為、プロポリスはガン対策の手段として大きな注目を集めています。

もちろん、健康食品ですから副作用はありません。
抗がん剤と比較した場合、プロポリスは安全であると言う点が最大の特徴・メリットとして挙げられるでしょう。