画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

体の不調に備えプロポリスで免疫力アップ

人間の体に重要な成分の一つに、免疫効果があげられます。
私たち人間は、口や鼻から様々なウィルスをとりこんでいます。
中にはからだの細胞を攻撃し、風邪や咳、のどの痛みなどの症状を起こします。
それらの症状を防いでくれるのが免疫細胞です。

免疫細胞は、私たちの体に侵入した悪性のウィルスを攻撃して、繁殖するのを防ぎ、死滅させてくれます。
また免疫細胞は、一度感染した病原菌に対して、抗体ウィルスを作ることができますので、一度感染したウィルスが再度侵入していきた時に、抗体ウィルスがすぐに悪性のウィルスを攻撃してくれます。
そのため、感染率が低かったり、軽い症状ですみ、重症化しないという働きもあります。

免疫細胞は、多くあればあるほど、身体が丈夫で健康的な体を維持することができます。
逆に体調が悪かったり、身体に力が入らない、からだの疲れが取れていないときは、免疫力が落ちている証拠ですので、身体の不調に備えて免疫力をあげておくと、安心して生活することができます。
免疫力を効率よくあげるために効果的なのが、サプリメントなどの健康食品を活用することです。
中でも注目されているのが、プロポリスです。

プロポリスは、ミツバチが採取した植物由来の抗菌物質を原料として作られたものです。
植物は、幹が傷ついたりした時に、自分の力で治そうと抗菌物質を出します。
その治癒力はとても優れていて、木は何百年も生き続けています。
そんな自然の力をミツバチが利用して、自分の巣を除菌し清潔に保っています。
ミツバチの巣の中は、全く細菌におかされることなく、無菌状態で清潔さが保たれています。
この細菌を死滅させる抗菌効果を十分に含んだものが、プロポリスです。

プロポリスを体内に摂取すると、からだの免疫力を増加させ、調整する作用があります。
少し身体の調子が悪く、風邪でも引いたかなと思ったときにプロポリスを飲んで寝ると、ほとんどの人が風邪が治ったといわれています。
また健康維持や、病気の予防のために飲んでいる人は、飲み始めてからは、ほとんどといってもいいほど風邪をひかなくなったようです。

天然の抗菌作用なため、常に毎日飲んでおくことで、自分の体を多くの細菌から身体を守ってくれる働きがあります。
季節の変わり目や気温の急激な変化など、天候も体調の変化に大きく影響します。
また旅行先や慣れないことをしたとき、少し無理しすぎたかなと感じた時なども体調の変化が大きいです。
いつそのように感じるかわからないからこそ、身体の不調に備えておく必要があります。
そのような場合のために、普段から免疫力を高めて、免疫力の調整力があるプロポリスはとてもお薦めです。

プロポリスの効果別解説をご覧ください。