画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリス製品の使用期限は?

特に現代社会において、ストレスや生活習慣病などが原因で、がんや脳の病気などのリスクが高まってます。
そんな病気の予防のためにも、積極的に取り入れたい物があります。
それは今注目のプロポリスです。

プロポリスとは、ミツバチが植物花やつぼみから天然の抗菌物質を摂取し、ミツバチの分泌物を混ぜて作られたものです。
このプロポリスを巣に持ち帰って塗ることで、巣を外部からの細菌やウィルスから守り、衛生的な環境を保っています。
ミツバチの中でもセイヨウミツバチにしかない性質で、日本での採取は難しくなっています。

世界各国で注目されているプロポリスですが、主にブラジルが一番の生産国といわれています。
量だけでなく質としても、湿気が多く細菌が多く発生しやすい環境なため、抗菌作用が強いプロポリスを採取することができます。
日本で発売されている多くのプロポリスは、ブラジルから輸入したものが多いです。
特にブラジルから輸入したプロポリスの原塊を、日本でプロポリスの抽出を行っているところが多いです。

プロポリスには、多くのフラボノイド、ミネラル、酵素、ビタミンなどが含まれています。
特にフラボノイドが多く含まれていることで注目を浴び、その効果は多岐にわたることが分かっています。
例えば、がんの治療の副作用の緩和、またがんに直接働きかけ、がん細胞を死滅させる力もあります。
そのほかにもアトピーや火傷、ニキビなどの皮膚の炎症にも効果があるのが実証済みですし、胃炎、胃腸潰瘍、大腸炎、気管支炎などにも消炎効果があるため有効です。

このような効果があるプロポリスは、一番効果的に使用するのであれば、液状タイプがお薦めです。
基本的には10滴ぐらいをめどに、水やジュースなどに入れて飲みやすくし、摂取する方法が多いです。
炎症などを起こしている場合は、幹部に直接塗ることで即効性が高まります。
一日2杯から3杯飲みのが好ましいとされています。

人によっては効果が出やすいときには、量を減らして摂取する人もいます。
なので一日数滴ずつの使用なため、なかなか商品が減らず使用期限が大丈夫かなと心配になる人もいます。
各メーカーによって使用期限の設定が大きく異なります。
どのメーカーも開封後、2.3カ月の間で使用するのが望ましいとされています。
中にはメーカーが開封後でも3年の品質保証をうたっているところもあります。
しかし一年ぐらいの期間かかって摂取した場合でも、健康状態に特に影響はないようです。

プロポリスは、直射日光をさけて常温で保管することができます。
心配な人は冷蔵庫での保管でもかまいません。
保管状況さえしっかりしておけば、多少の使用期限が過ぎたとしても問題なく使用できているのが現状です。