画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

不妊の原因をプロポリスで改善

今、少子化が大きな問題となっています。
理由は様々ですが、女性の社会進出をはじめとし、男女の結婚の晩婚化などがあげられます。
これらは個人の考えの問題で、人生の選択の一つなので仕方がないのかも知れません。

しかし少子化の裏には、本当は子供が欲しくてもなかなか子宝に恵まれない夫婦も多いということです。
この不妊に関しては、子供が欲しいという考えが大前提なため、少子化問題として考えていかなければいけない問題です。
結婚して二年以上が経過したけれども子供が授からない場合に、不妊症と診断する病院が増えてきています。

世界においても不妊症は大きな問題で、カップル全体の10%から15%の人は不妊症に悩んでいます。
中でも日本は、不妊治療を行うクリニックの件数がアメリカよりも多く、世界で一番多い国です。
不妊治療によって体外受精などの治療件数も世界で一番多いです。
2009年には、新生児のうちの40人に1人は体外受精などの治療によって授かっています。

不妊で悩む人にとって治療は壮絶なものです。
痛みなどの体力的な問題はもちろんのこと、精神的な苦痛ものしかかってきます。
出産するのは女性のため、治療対象の多くは女性になります。
不妊の原因は女性だけののものではありません。
夫婦で乗り越えていかなければいけない大きな問題でもあります。

特に不妊症に対してよく聞くのは、治療費の問題と治療の痛みです。
治療に関しては不妊症の検査の痛み、治療中の排卵誘発剤や定期的な注射を受けホルモンバランスを整えたりする必要があります。
そして治療費に関しては、保険適用外がほとんどになります。
体外受精を行う際には一回何十万というお金がかかります。
それでも一回で妊娠するという確証はありません。
細菌になって不妊治療に関する補助金が設定されましたが、まだまだ国民の負担額は大きく治療に前向きになれない人が多いです。

そんな人にとって不妊症の原因となるいくつかの理由を、改善していくことが大事になります。
その第一歩としてお薦めなのがプロポリスを使用することです。
プロポリスとは、ミツバチが植物などの植物性の抗菌作用を採取してミツバチの分泌液を混ぜることで作られています。
出来上がったプロポリスは、巣の壁などに塗られたり穴の部分をふさいだりして使用されます。
このプロポリスには、外部からの細菌から巣を守るために、ウィルスをシャットアウトする働きがあります。

またプロポリスには、抗酸化作用があることが分かっています。
身体は、活性酸素が多くたまってしまうと、その臓器の機能が低下してしまいます。
まず妊娠しやすい環境の一つとして、子宮の環境や機能がより活発にするということです。
プロポリスに機能低下の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

また冷え性も不妊の原因としてよくあげられます。
冷え性は血液の循環が悪くなっている状態で、ひどくなると排卵が規則正しくおこらず妊娠しにくくなります。
なので規則正しい生理と冷え性をかいぜんして新陳代謝をあげることで、不妊症の原因を改善することができます。

女性にとって不妊症は一番デリケートな問題で、ストレスもためやすくなります。
プロポリスには、ストレスを緩和させる働きがあり、より効果が期待できます。
不妊症の原因に当たることを一つづつ改善しつつ、より妊娠しやすい体つくりのためにププロポリスはおすめです。