画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスに含まれる栄養素とは

現代社会の健康志向は、年々強くなる一方です。
その分私たちの日常生活が、生活習慣病の危険性がどんどん高まってしまっています。
それは、食生活や睡眠時間、不規則な生活、ストレス社会など多くの原因から成り立っています。
これらの症状を少しでも改善するために、多くの健康食品が発売されています。
中には、生活習慣によって起こるがんや、糖尿病、脳の病気などから予防のためにも飲んでいる人もいます。

健康食品の一番の特徴は、多くの成分が含まれているということです。
中でもプロポリスは、注目されつつある成分といえます。
では、プロポリスにはどのような成分が含まれているのでしょうか。
まずプロポリスとは、セイヨウミツバチが植物の抗菌作用を採取して、それを原料とした成分を指すもので、天然の抗菌作用として注目されています。

プロポリスの一番の特徴は、多くのフラボノイドが含まれているということです。
フラボノイドとは、よくガムなどに含まれているので聞いたことがある人も多いもではないでしょうか。
ガムなどに含まれているフラボノイドは、糖分を含んでいることが多いです。
しかしプロポリスに含まれるフラボノイドは糖分を含まず、より抗菌作用が強いのが特徴です。

プロポリスには、そのフラボノイドが約20種類も含まれています。
そのほかにもアミノ酸、ビタミン類、酵素なども含まれています。

フラボノイドには、まず自己免疫力を高める働きがあります。
なので、抗ウィルスを作り出したり、口内炎、アレルギーや火傷などの皮膚の炎症にも効果があるといわれています。
そのほかにも血液をきれいにして、血管の壁を強化する役割もあります。
人間の中で一番細い血管である、脳の病気の予防や病状の改善にも効果があります。
また、止血作用、消炎作用、鎮痛作用もあり、古代ローマでは薬の一つとして日常生活で活躍していました。

フラボノイドには活性酸素の抑制の効果があります。
活性酸素は、必ず人間の体で発生してしまうものですが、除去し切れず蓄積されてしまうと生活習慣病、がんなどの原因にもなります。
そのほかにも老化にも、活性酸素は大きく影響されています。
活性酸素が多くなるほど老化が進み、しわやたるみなどの原因になりますので、フラボノイドを多く含むプロポリスは、美容への効果も期待されています。
また最近の研究では、フラボノイドの中にケルセチンという種類の成分があることがわかり、直接がん細胞を死滅させる効果があるということに注目されています。

プロポリスに含まれるフラボノイドだけでも、これだけ多くの栄養素が含まれています。
それ以外にも、人間のからだを形成するのに必要なアミノ酸、酵素、ビタミンまでもが含まれています。
多くの効果が期待できるものとしてプロボリスは注目されています。
こちらにプロポリスの成分別効果比較が載っていますのでご覧ください。