画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスの強力な抗菌作用でインフルエンザを予防

毎年冬になると猛威をふるうのが、インフルエンザです。
毎年必ず流行するため、インフルエンザの予防接種を受けに行く人が年々増えてきています。
インフルエンザは風邪の中でも、中には命を落とすほどの猛威をふるいます。
特に高齢者や乳幼児が感染すると、免疫力が弱いため症状が重症化し、死亡するケースがあります。

それ以外の子供や成人がインフルエンザにかかると、高熱が続き、関節やのどの痛み、倦怠感などの症状が出ます。
家族のだれかがインフルエンザにかかると、感染力が強いため家族みんなが感染してしまう可能性がありますので、看病の際には、感染しないように気をつけなければいけません。

そんなインフルエンザにかからないために、多くの人が予防接種を受けます。
予防接種を受けていたら大丈夫と思っている人もいるかも知れません。
しかし予防接種は、一番流行するであろうワクチンを接種するので、インフルエンザの型が違えば予防のためのワクチンは全く意味がありません。

インフルエンザに感染しないためには、強い免疫力と抗菌作用が重要になります。
そんなインフルエンザの予防のために効果的なのが、プロポリスです。
プロポリスには、ミツバチが摂取した植物の抗菌作用が含まれています。
プロポリスのどスプレーも人気があります。
ユーカリなどの木から摂取される抗菌作用は、植物の幹が傷ついた時に自然治癒できる成分が含まれています。
そのため、何十年もの間木は成長し続けることができます。

この抗菌作用とミツバチの分泌物が組み合わされて作られたのが、プロポリスになります。
プロポリスは巣の壁に塗ったり穴に塗られることで、外部のウィルスの侵入を防ぎます。
なので巣の中は、無菌状態で衛生的にきれいな状態が保たれています。

同じように人間がプロポリスを摂取した時にも、同じような抗菌作用が働きますので、インフルエンザの感染の予防につながります。
プロポリスは天然の抗生物質といわれているほどです。
今まで毎年インフルエンザにかかっているひとは、一度プロポリスの力を試してみてください。