画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

眼精疲労にプロポリスが有効

健康ブームや健康に対しての意識がとても強まっていると感じることが多々あります。
テレビでも健康に関する番組・病気に関する番組なども多くなっています。
そこまで健康に気を配るようになったのには、やはり日常生活の影響が多いのではないでしょうか。

昔のように原因不明の病などで死亡するケースが少なくなりました。
今では日常生活での習慣の積み重ねによって生まれる病気のほうがはるかに多くなっています。
そのため、毎日の生活を見直そうと思う人が多いのではないでしょうか。

中でも近年大きく生活を変えたものの一つにパソコンやタブレット機の普及があげられます。
会社の情報の管理や顧客とのやり取りなどで、パソコンを使用するのが当然になりました。
一日中パソコンと向き合って仕事をするという人もとても多くなりました。
仕事だけでなく、プライベートな時間でもネット環境がとても便利になりましたので、自宅のネットで調べたり、コミュニケーションツールで遊んだりする人が増えました。
また外出時でもスマートフォンやタブレットなどを使用し、常に電子機器を使用する生活へと変わりました。

とても便利になった半面一番心配なのが、眼精疲労です。
目が疲れたなと感じて、一日寝て治るのであれば、単なる疲れ目として安心できます。
しかしこれが毎日蓄積されて、すぐに目が疲れる状態になり、慢性化してしまいます。
私達の生活は、誰もが目に負担がかかりやすい生活になってきているということが言えます。
その証拠に、昔に比べて眼鏡をしている人や婚炊くなどで視力矯正している人がとても増えてきています。

目は視力をつかさどる大事な器官です。
目の疲れは、肩こりや頭痛も引き起こしてしまうため、疲れを軽減させる必要があります。
その為によくブルーベリーがいいと耳にしますよね。
そのほかにも注目されているのが、プロポリスです。

プロポリスは、ミツバチによって採取された天然の抗菌作用が原料として作られています。
プロポリスの特徴として、何十種類ものフラボノイドが含まれているということです。
このフラボノイドの一部に、目に効果的なアントシアニンが含まれています。
このアントシアニンが、目の疲労回復に効果的だといわれています。

また眼精疲労のきっかけの中に、睡眠不足も大きな原因になります。
目を一番休められる時が、目を閉じている睡眠の時間です。
この睡眠が、ストレスなどで眠れないという人も多いのではないでしょうか。
プロポリスには、ストレスを軽減させ、精神状態を安定させる働きもあります。
多くの栄養素を含んでいるため、眼精疲労の原因となる様々な問題を一度に解決しやすいとされています。

眼精疲労は溜まってしまうと、視力低下、ドライアイ、目の充血などの目の問題や肩こりや頭痛などのほかの部分にも影響があります。
目が疲れやすい日常生活だからこそ、目への負担を軽減させる必要があります。