画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

プロポリスでがんを治療できる?

今、健康志向がとても強まり、食生活の見直しや生活改善に取り組む人が増えてきています。
時間や余裕ががる人には、まず規則正しい日常生活を送ることが最も大事になります。
しかし仕事などの都合から、なかなか生活習慣を変えられないという人が多いです。

このような不規則な生活、食生活の欧米化、睡眠不足、ストレス社会による影響などから生活習慣病や糖尿病などの重病にかかりやすくなります。
重病の中でも今日本人の死亡原因の一番にあげられているのが、がんです。
がんが発症する場合、多くが毎日の生活習慣が大きく影響されています。
今や4人に1人はがんになるといわれている時代です。
そんな中、がんの予防対策やがんになってしまった場合に、効果があると最近わかったのがプロポリスです。

プロポリスには、多くのフラボノイドが含まれいます。
そのフラボノイドには、抗ガン作用の働きががあることが分かりました。
中でも、アレクリンが最も多く含まれている、最高段階のプロポリスがより抗ガン作用が強いといわれてます。
今でも多くの実験が行われていて、多くの事例がはっきり説明されることでより信憑性も高まるといえます。

実際、マウスでの実験では、がんを発症したマウスにプロポリスを注入したところ、がんの細胞がまず増えなくなりました。
その後定期的に打つことで、がんの増殖を抑えながらも、がん細胞を死滅させることができると分かりました。
また抗ガン剤の副作用を緩和する働きもあるので、これからのがん治療の方法の一つとして、より研究が必要だといえます。

1965年にはルーマニアにて、腹水腫瘍に対してプロポリスの効果があったとされています。
また抗がん剤の副作用が強く治療を断念した人には、副作用による体調の悪化が軽減され、日常生活を普通に過ごせる健康体にまで変化した人もいます。
まだこれから研究の価値があり、プロポリスの性質やよりがんに効果的な治療法の一つとして注目されています。
また発毛にも効果があるとされていますが、育毛剤と発毛剤の違いもよろしければご覧ください。