画像
画像
画像
画像

プロポリスナビ(不妊や自律神経失調症などへの効果を説明!)

画像

天然の抗菌物質であるプロポリスの恵み

今、いろんな面において健康志向がとても高まっています。
それは、欧米化した食生活や、運動不足、不規則な生活習慣から体調を崩してしまう人が増えてきているからだといえます。
これらは生活習慣行の引き金となり、重症化すると糖尿病、がんなどの発症率を高めてしまいますので、その可能性を未然に防ごうと、多くの人の意識が健康志向へと変わってきています。

そんな中、一番実行に移すことといえば、食事などの見直しです。
身体にいいものを取り入れようとだれもが考えるのではないでしょうか。
しかしなかなか今までの食生活を一気に変えることは難しいものです。
そういったときに取り入れるのが、健康食品です。
毎日の生活改善はしなくてはいけないのですが、それがなかなか難しい人も多いです。
そんな人にとって、すぐにでも取り入れられるのが健康食品です。

健康食品を選ぶ際に、多くの人が気にするのが成分と効果です。
特に天然や自然のもののパワーは、とても偉大です。
いろんな天然成分がある中で、プロポリスが注目されています。

プロポリスと聞いてすぐに、これだと思い浮かべられる人はまだ少ないでしょう。
プロポリスは、ミツバチが植物が分泌している抗菌作用を採取して、それを原料として作られた粘着性のある物質のことです。
プロポリスはローヤルゼリーとは違います。
プロポリスとローヤルゼリーの違いはこちらをご覧ください。
植物による抗菌作用は、期が傷ついた際に傷口を守るために分泌されたり、新しい芽が成長するように微生物から守るためにも分泌されます。
これをミツバチが採取して、この抗菌作用を生かしてプロポリスとして、巣に塗ることで細菌から守り清潔な巣を保っています。

植物精由来の抗菌作用をミツバチが採取したものを、プロポリスと呼んでいます。
このプロポリスは、ミツバチのなかでもセイヨウミツバチだけの性質になり、日本ミツバチやトウヨウミツバチは集めることができないため、プロポリスを作ることができません。
よって、とても貴重な成分だと言えます。

プロポリスがここまで注目されたのには、植物を原料とした抗菌作用があるということです。
主な成分としては、フラボノイドが含まれているのが特徴です。
用途としては、化粧品や日焼け止め、鎮痛剤、消毒などにも使われています。
昔から注目されていて、その証拠にミイラを作るときに防腐剤としても使用されていました。
古代ローマ時代では、天然の抗生物質として薬用として使われていました。

今では、プロポリスの研究がすすみ健康食品として、主にサプリメントで主に摂取できるようになっています。
プロポリスは天然の抗生物質なため、抗菌、抗ウィルスなど治療を目的に使用されています。
また抗腫瘍作用もあるため、病気の予防にも使用されています。

そのほかにも免疫細胞を調整する作用があり、抗がん剤の副作用を軽減する役割などもあります。
また、アレルギー対策、整腸作用、精神安定作用など多くの効果があるといわれています。